So-net無料ブログ作成
検索選択

東京出張、手元の読書本 [読書]

「のぞみ」車内では片道およそ3時間40分、映画だと2本近く観られる時間がありました。
「車中に本あり」ということで、手元に買い込んで主に車内(及び空き時間)読んだ本を紹介します。

『社外取締役』(幻冬舎文庫、牛島信著)
『会社の品格』(幻冬舎新書、小笹芳央著)
~前者は企業法律小説、後者は新書本とスタイルは違いますが、いずれも「会社」のことを見つめ直す上で、読んで面白い好著。前者は、大学で日本史を教える教授が大手企業の社外取締役に就任、その後社長椅子に、そして…。コーポレートガバナンス(企業統治)のあり方を問います。どうでもいいですが、著者の牛島さん、ライブドア事件の頃にテレビ「ウェークアップ」に登場されてたのを拝見しましたが、声のドスがきいているのが印象的でしたね。なお後者は、私が定期的に読んでいるブログで内藤忍さんが紹介、絶賛してました。『○○の品格』というタイトルの本は(「国家」「女性」など)ベストセラーで多いですが、セールス狙いだけではなく、内容も意外に読み応えがありました。あえて1章挙げるとすれば、第4章「仕事の品格」がおススメでしょうか。

探偵ガリレオ』『予知夢』(文春文庫、東野圭吾著)
~月9ドラマ「ガリレオ」の原作本。前者の1章が今週放映された第1話のオリジナル。ドラマも見ましたが、科学をビジュアル化している題材なので、映像向けの作品と言えるかもしれません。原作者は天才物理学者・湯川学ぶのモデルに佐野史郎さんをイメージしたらしいのですが、ドラマの主演は福山雅治。この辺りはテレビ向けのアレンジですね。

『フェルメール全店踏破の旅』(集英社新書ビジュアル版、朽木ゆり子著)
~説明は割愛しますが、「フェルメール展」の予習の為に手元に、再読。今回来日作品の「牛乳を注ぐ女」は、アムステルダムの5章に収録。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。