So-net無料ブログ作成
検索選択

新印象派展 東京都美術館 [アート]

昨日の金曜、仕事が久しぶりに早く上がれたので、後輩と上野のアメ横エリアで軽く飲みました。19時過ぎだったので、その足で東京都美術館へ足を運びました。金曜は20時まで開館してますし、空いてるので、落ち着いて楽しめるのが穴場的でありがたい時間帯です。

新印象派展
005.jpg
リーフレットより、スーラの作品。
013.jpg

この特別展は、あべのハルカス美術館からの巡回。モネ、スーラ、シニャックからマティスまで19世紀後半から20世紀初頭まで、新印象派の点描絵画を中心に約100点の作品が展示されてます。

館内の休憩スペース、美術館がリニューアルされて、イスがカラフルに。
007.jpg
夜の東京都美術館入口
009.jpg

帰りに上野駅まで歩いてますと、東京文化会館も改装工事を終えて、音楽祭が始まっているようです。
011.jpg
012.jpg
上野東京ラインに合わせたタイミングの音楽祭、上野への人の呼び込みになりそうです。

そういえば、昨日の上野駅の19時頃というと、ちょうどブルートレイン「北斗星」の定期運行ラストランですごい人だったようです。今日3月14日からは、JRのダイヤ改正で上野東京ライン、そして北陸新幹線開業でいろいろと変わるのでしょうね。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

dezire

こんにちは。
私も、『新印象派』展 を見てきましたので楽しく拝見しました。新印象派という美術運動は生まれた流れと歴史的に意味がわかり良かったと思いました

私も新印象派の絵画の特徴や魅力を整理しも自分なりの見解をまとめてみました。。読んでいただけると嬉しいです。ご意見やご感想など何でも結構ですのでコメントいただけると感謝致します。

by dezire (2015-03-18 12:15) 

としゆき

>dezireさん
遅くなりましたが、コメントありがとうございます。そちらの記事も拝読しました。かなり丁寧に説明・見解が書かれており、大変勉強になりました。美術史的な位置づけが理解できるだけの作品が今回の展覧会に数多く来てることが再認識できました。また、よろしくお願いします。
by としゆき (2015-03-29 22:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。